イギリスリサイクル事情

Sponsored Links

イギリスのリサイクルは
日本と比べても他のヨーロッパ諸国と比べてもかなり遅れていて
未だにリサイクルをしていない居住区があるという。。。
住宅街には通常、リサイクルボックス(緑色のプラスティック製の箱)があり
それにリサイクル出来る物(住んでいる地域で異なる)を入れ、回収日に玄関先に出して置けば
回収してくれる。
日本のように瓶は瓶、紙は紙というように分別しなくても良い。
で、いつ分別しているかというと
回収作業をしているスタッフがリサイクルボックスを回収車まで運び
そこで分別して回収車に入れていく。
なので非常に時間がかかる。
どうして住民に分別を義務づけないのか理解出来ない。
日本のスーパーマーケットには
牛乳パックやプラスティックトレー、買い物袋等の回収ボックスがある。
イギリスのスーパーマーケットでは稀に買い物袋の回収ボックスを見る程度である。
私の会社のオフィス内ではというと
各階の給湯エリアに分別用のゴミ箱がある。

そのゴミの行方が怪しい。
分別用ゴミ箱にセットされているのは黒いゴミ袋。
毎日早朝5時に掃除をする人達が来る。
このお掃除の人がこのゴミ袋を交換しビルの前に出す。
分別用ゴミ箱から取り出された黒いゴミ袋には何も記載がない
それにラベル等を貼るわけでもなくそのままビルの前に出す。
どうやって中身が缶だの紙だのって判断するんだろう?
イギリスでありがちな
世間的に『我が社ではリサイクルしてます!』ポーズのための
ダミー分別ゴミ箱で
実はやっていないのではないか。
怪しい。。。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

$エゲレス放浪記

最後まで読んでいただきありがとうございます😊

ブログランキング参加中です、ポチッと応援していただけると嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Sponsored Links

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

PVアクセスランキング にほんブログ村

ホームステイ in ロンドン②

Sponsored Links

私が到着した日から1週間ホームステイしていたのは
リョウという大学生らしき日本人。
親子とまではいかずともかなりの歳の差があり
共通の話題など何もないので
食事とテレビの時間以外は顔を合わせることはなかった。
ある日のこと。
トイレに行きたかったが
リョウがシャワーを使っているようだったので
彼が出て来るのを待っていた。
彼が部屋に戻る音を確認して
バスルームへ行った。
叫び叫び叫び叫び叫び叫び叫び叫び叫び叫び
トイレの中に大量の
下の毛が!
叫び叫び叫び叫び叫び叫び叫び叫び叫び叫び
一体彼は何をやっていたのだ!
以来、彼が去るまで彼の後にバスルームへ入るのが恐怖となった。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

$エゲレス放浪記

最後まで読んでいただきありがとうございます😊

ブログランキング参加中です、ポチッと応援していただけると嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Sponsored Links

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

PVアクセスランキング にほんブログ村

Comments

  1. Katie says:

    SECRET: 0
    PASS:
    怖すぎです!!!
    お気持ち良ーくわかります...。

  2. マモウ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    >Katieさん
    ですよねえ。せめて流してくれればいいのに。

  3. とこぴ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    毛だなんて~~~。
    しかも大量なら「ながしてよ!」、ですよね。
    ぐっぉぉぉぉぉ~。想像しただけで泡吹きそうです。

  4. マモウ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    >とこぴさん
    ゲロゲロですよねえ。っていうか他人んちで何やってんだって感じですよね。