ダッシュするオヤジ

Sponsored Links

私の通うジムは地方自治体が運営している
そのため月々の会費は2500円と激安
もちろん激安だけに設備も最低限度のものしかない。
徒歩15分、家でシャワーを浴びる私には充分。
仕事に戻る前は週に3度は通っていて、2時間たっぷりエクササイズ出来ていたが
仕事に戻ってからは週に2度行くのがせいいっぱい、時間も1時間程度。
ジムでエクササイズしている間は誰とも話さないというか話したくない。
以前旦那と同じジムに通っていたがエクササイズ中に話しかけられるのが嫌いな私は
旦那が隣でダラダラ運動しながら話しかけて来ることにイライラしていた。
不機嫌は私の様子に気づいて以来一緒にジムに行っても
それぞれに運動し終了後は階下のカフェで待ち合わせするようになった。
そのくらい運動中は話しかけられたくない
そんなオーラを醸し出しているせいか
ジムでは誰も話しかけて来ない
それでも話しかけてくるヤツは変な人ばかり。
一度は、マットのあるところで腹筋運動をしていた私の隣にやってきた男性
このジムには珍しく男前だった。
とにかくもくもくと腹筋運動をしていた隣で腹筋運動用の重りのの入ったボールを壁に投げつけ始めた叫び
普通のボールではないし、そんなものが万が一こちらに飛んで来たらとヒヤヒヤすながら腹筋を続けていた。
すると私に『邪魔してる?』と聞くので、私も平然としたふりをして『全然』と答えた。
どうもその応えが気に入らなかったのか更にボールをがんがん壁にぶつけ始めた。
私も内心はビビりながらそのまま腹筋を続けた。
その男前の狂人を見たのはその日が最初で最後となった。
数日前のこと。
いつものようにランニングマシーンでウォームアップをしていると
となりのランニングマシーンに男性がやってきた。
何やら話しかけて来たがヘッドフォンをしていたので聞こえず
『パードン?』と聞き返すと
『ここって何時まで?21時かな?』と男性。
『たぶん21時までだと思うよ』と応えてヘッドフォンを耳に戻した。
だいたいヘッドフォンしている人間に話しかける時点で普通じゃない
と思ったがまあ気づかなかったということにしようと気を取り直して
走り始めた。
するとこの男性、また何か話しかけて来た
またしてもヘッドフォンをしていたので聞こえず
『パードン?』と聞き返したが無視された。
まあたいした話じゃないんだろうとヘッドフォンを耳に戻し走る事に集中しようとしたところ
隣の男性がダッシュを始めた叫び
マシーンは今までに経験したことのないスピードに『キーキー』悲鳴をあげていた。
原付バイクで時速100kmで走る様なものでスピードが出せるからと言って
それに対応出来るように本体が出来ているとは限らない。
凄まじい勢いせ数十秒走っては歩きまたダッシュを繰り返す。
機械が壊れるか男性がつまずいて転ぶか
そんな目撃者になりたくないとドキドキしながら隣で走り続けていると
男性はいなくなった。
やっと走る事に集中出来た。

最後まで読んでいただきありがとうございます😊

ブログランキング参加中です、ポチッと応援していただけると嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Sponsored Links

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

PVアクセスランキング にほんブログ村