消えたチェック

Sponsored Links

日本ではあまり馴染みのないチェック(小切手)
イギリスでは一般的
今の時代
オンラインで送金したり出来るわけで
チェックの出番なんて減るばかり
と思いきや
未だに郵送で支払いをする時などには
必ずと言っていいほどチェックが使われる。
チェックを受け取った方は
面倒なことに
銀行に出向いて口座に入れる手続きをする必要がある。
窓口に並ぶという手間を省くために
チェックの詳細を記載し
指定の封筒に入れ
銀行窓口に設置してある
デポジットボックスに投函すると
遅くても翌日には口座に入金される。
数日前のこと
午後3時に100ポンドチェックを投函した
時間が遅かったこともあり
当日処理に成らないかもしれないと思い
翌日まで待ったが
口座に反映されない。
夕方
カスタマーサービスに電話をした
生憎、投函した支店の営業時間外のため
支店と確認出来ないから翌日にかけ直してほしいと言われた。
散々説明をした後に
また電話をしろと言われたので
納得いかず
逆に支店に確認して折り返しの電話をくれないかと言った。
すったもんだし
マネージャーまで登場し
(マネージャー出せなんて言ってませんが)
1時間近く電話をしていたので
その電話料金を返金すると言われ
(そんなこと一言もお願いしてませんが)
更に翌日の夕方までに口座に反映されなければ
銀行が100ポンド振り込んでくれるということを約束してくれた。
翌日の夕方まで待ったが結局入金はなく
またカスタマーサービスへ電話しそのことを報告
銀行からの振込手続きをしてもらった。
一体あのチェックはどこに行ったんだろうか...

最後まで読んでいただきありがとうございます😊

ブログランキング参加中です、ポチッと応援していただけると嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Sponsored Links

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

PVアクセスランキング にほんブログ村