捏ねない 成型しないパン

Sponsored Links

 週末は酵母パン1〜2回とイーストパン1回焼くのがルーティンとなっています。

酵母で食パンなどのソフト系のパンを焼くことも出来ますが時間がかかるのでもっぱら酵母ではバゲットやカンパーニュ等のハード系、イーストで食パンなどのソフト系を焼いてます。

パンは捏ねるのが大変だと思われがちですが、それほど捏ねに時間はかかりません。

ハード系なんて全く捏ねません

材料を混ぜ合わせた後は捏ねずに15分〜30分放置

日本のパンブロガーの方がたは『パンチ』と言ってますが

英語だとストレッチ&フォルド 『伸ばして畳む』生地の端っこを持ち引っ張って中央で畳むを生地が伸びにくくなるまでやります。

30分ほど放置して同じこと繰り返します。

後は膨らむまで放置

加水多めの生地の場合は手に水を付けてこの作業をします。

ハード系パンを焼き始めた頃はクープが開くことにこだわって成型に気を使ったりしてましたが

今は美味しければいいので成型が面倒な時は

一次発酵終えた生地をガスが抜けないように容器から出し

そのまま4当分にカットして二次発酵します

リュスティックやチヤバッタと同じ要領です。

この方法だと2次発酵の時間を短縮出来ます。

最後まで読んでいただきありがとうございます😊

ブログランキング参加中です、ポチッと応援していただけると嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Sponsored Links

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

PVアクセスランキング にほんブログ村

Comments

  1. ぽこ33 says:

    なるほど!ガスを抜くから、また発酵させて膨らませなくてはいけないのですね!
    良いことを教えて頂きました(^^)優しく生地を取り出すことに専念します。

    • マモ says:

      チアバッタやリュスティックは水分が多い生地なので発酵容器から出したらカットしてベンチタイムで焼きに入ります。
      ソフト系はガス抜きしなければならないようです。発酵時間の短いものだとベーグルやプレッツェル、茹でるのが面倒だと思われなければ試してみてください。