価格差は妥当か差別か

Sponsored Links

イギリスのファストファッションブランドのNew Look

同じデザインの服が大きいサイズの方が10ポンド高いのは

差別化それとも妥当かという記事

'Fat tax' row forces New Look price review
The fashion chain thinks again on pricing after anger over higher prices for plus-size clothes.

短大の時の友人

身長150cmで体重90kg、高校生の時に糖尿病で入院していたこと有り

彼女と知り合って始めて大きいサイズのコーナーで買い物を付き合いました

当時はデザインも限られていてあまりステキなものが無かったのを覚えています。

イギリスでは全く同じデザインでサイズ6(xs)からサイズ18(xxx…L)まであります。

オンラインショップだと大きい人専門のものがたくさんあってサイズ40という想像もできないサイズまで扱っています。

大きいサイズ専門のところは別ですがNEXTやH&Mのような普通サイズから大きいサイズまで扱っているところは全く同じデザインで同じ値段というのが一般的

でもxsを買う方としてはサイズが3倍以上あるようなものが同じ値段なのは納得いかないところ

「サイズで値段の格差があるなんて差別だ!」とか
「遠回しにに痩せろっ言われているみたい」とか大きいサイズ愛用者の意見

New Look側は今後値段の格差がないようにすると言っているようです。

最後まで読んでいただきありがとうございます😊

ブログランキング参加中です、ポチッと応援していただけると嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Sponsored Links

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

PVアクセスランキング にほんブログ村

Comments

  1. ぽこ33 says:

    大きければ大きいほど生地も糸も労力もかかるので妥当と思いますが…差別と捉えるとうーむ…難しい

    • マモ says:

      肥満がかなり深刻なイギリス、値段を高くすることで多少の肥満抑制にならないでしょうか。。。

  2. チルル says:

    差別とは〜なかなか難しい問題ですね〜。砂糖税が妥当なのかも〜なんて思う記事ですね〜。

    • マモ says:

      砂糖税既に存在します。加糖された飲み物や食べ物に対して課税されています。
      FAT税というとかなり語弊がありますがそのくらいしてもいいんじゃないかと思うくらい肥満は深刻な問題となっています。国民の50%以上が肥満ってすごいですよね!

  3. チルル says:

    50パーセントもですか〜凄い!。以前はイタリア人やスペイン人がポッチャリさんが多いイメージだったのですが、最近はネットで見る限り減った気がしていてね。イギリス人に関しては30年前行ったイメージでお洒落な細身のイメージのままでした笑。チョコレートが好きな国民性だからですかね〜。最近はロイヤルウエディングを控えてかイギリスのチョコレートの話が国営放送にも多くて、そんなに好きなの?と思っていましたよ〜。あ、今日ロイヤルウエディングでしたっけ?。綺麗でしょうね〜。

    • マモ says:

      イギリス人は暴飲暴食。チョコ好きなだけではあそこまで太れませんよー 。スペイン人やイタリア人の方が細っそりしてますよー

  4. 日本で洋服を買った時に、自分のサイズより一つ下のものが若干安くって、「わー、デブって言われてる気がする」と思ったことがあります。笑
    布とか糸とか、多めに使うから仕方ないとは思いますが、現代の大量生産の衣料品の値段なんて、原材料費の占める割合はそれほどでもなく、人件費すらどれくらい入っていることやら、と思うと、大きなサイズの人口が多いところで差別扱いだと文句が出たらそこを折れるくらいはメーカーも簡単にできるんでしょうね。なんでも文句をいう声が大きいグループが勝つ世の中って感じですね。

    • マモ says:

      オーバーセンシティブなところがあります、特に大きい方々は。センシティブと言っても黙ってませんからねー(笑